キッチン

光熱費を節約できる給湯器を快適に使おう!

暮らしには欠かせない

お湯

使用用途と利便性

給湯器は、水をお湯に変換して家庭に供給する器械です。水を使用しているため、寒い地域では冬になると凍ってしまうことがあります。寒い地域では湯たんぽなどを利用する機会がありますから、給湯器が使えないと不便でしょう。凍結で故障してしまった場合、まず、水を出しっぱなしにしておきます。水を絶え間なく流しておくことで、水が凍る心配もありません。水道料金についても、数時間程度であればそれほどかかりません。このとき同時に発生すると考えられるのが水道管の破裂。とくに冬場は、そのような事故が多いため、なかなか業者に来てもらえないということもあります。そのため、日ごろから故障が起きた場合の対処法を考えておくことが大切です。

安全に利用するために

給湯器と言っても、数多くの種類があります。電気を使用したもの、石油を使用したものなどそれぞれに一長一短がありますが、正しく使わないとけがをしてしまうこともあります。給湯器が故障した場合、業者に任せることになりますが、安易に自分で修理しようとしてはいけません。たとえば、水漏れなどです。そのまま放置しておくと、漏電などが発生するおそれもあるため、早急に業者を呼ぶことが大事です。また、定期的に交換することも必要です。長年使っていると、機能なども低下していき、発火することもあります。そのため、給湯器を販売している会社では、故障する前でも、定期的に点検すること、交換することを推奨しています。そうすることで、安全に利用できます。